ホーム > 風速計

風速計

風速計
風速リレースイッチユニット/M709W-SWT風速リレースイッチユニット/M709W-SWT
●管路内や装置内の空気の流れを検知し、設定した風速になるとリレー接点がON/OFFする、熱式風速検出スイッチです。
●風速検出範囲は0.1m/s~5m/s、風温-10℃~50℃までの気流を±5%±0.1m/s(温度補償含まず)に精度で検出可能です。
商品詳細はこちら


パルス出力風杯型風速計/M93-SP420パルス出力風杯型風速計/M93-SP420
M93-SP420風速計発信器は、風杯による風速感部と光センサによる検出部、信号変換部および伝送ケーブルにより構成され、微風(0.5m/s)から強風(60m/s)までを高精度に測定し、直接4~20mAの風速値に対応した電流信号を変換出力します。
商品詳細はこちら


DC(直流)出力風杯型風速計/M93-ST7DC(直流)出力風杯型風速計/M93-ST7

M93-ST7風速計発信器は、風杯による風速感部と直流発電器による発信部、信号を伝送するケーブルにより構成されます。
発信部は、感部の風杯が回転して検出する風速信号を、発信部の直流発電器によりDC信号に変換出力します。

商品詳細はこちら


パルス出力風杯型風速計/品番 M93-SP7パルス出力風杯型風速計/品番 M93-SP7

M93-SP7は、風杯型パルス式の発信部とアナログ型指示器の受信部から構成する、弱風から強風までを観測する警報付の指示風速計です。発信部は、風杯の回転を光センサでパルス列の電気信号に変換し、この信号は電源に重畳して受信部へ送出されます。
受信部はこの信号を受信し、瞬間または平均風速から任意の測定モードを選択して、指示・風速警報検出機能により風の観測を行います。

商品詳細はこちら


小型パルス風杯型風速計/M96-SPD小型パルス風杯型風速計/M96-SPD
M96-SPDは、小型風杯型パルス式の発信部とデジタル型指示器の受信部から構成する、微風から強風まで観測する警報付の指示風速計です。
発信部は、風杯の回転を光センサでパルス列の電気信号に変換し、この信号は電源に重畳して受信部へ送出されます。受信部はこの信号を受信し、瞬間または平均風速から任意の測定モードを選択して、指示及び風速警報検出機能により風の観測を行います。
商品詳細はこちら


超音波風向風速計/M761S6M-Aシリーズ超音波風向風速計/M761S6M-Aシリーズ
●超小型風向風速計 0-60m/S 0-360度
●電池駆動から各種電源に適合した動作電源(9V~30VDC)
●低消費電流 (14.5mA)
●各種インターフェース
●キャリブレーションフリー
●シンプルな固定
●外部表面はPTFE耐候性仕上
商品詳細はこちら


超音波風向風速センサー/M761E-702LM超音波風向風速センサー/M761E-702LM
●機械式風速センサーに変わる
●電子コンパス(オプション)
●3.5Vから30Vまでの広範囲電源電圧
●低消費電流 12mA
●シリアルインターフェースRS422仕様
商品詳細はこちら


多点デジタル風速風温計/M709EZ-200DAシリーズ多点デジタル風速風温計/M709EZ-200DAシリーズ
●本器は風速風温プローブを接続い、1台で風速・風温それぞれ16チャンネルまでの多点計測が可能な出力ユニットです。
●出力ユニットは16台まで接続可能で最大25チャンネルの多点計測が可能です。
●リアルパネル側から入出力
ボードを必要なチャンネル数だけスロットインし、使用していただけます。
●計測ソフトウェアを使用することにより、パソコンで簡単にデータを取り入れることができます。又、表示器ユニットM709-4DPを使用することにより、風速風温値が確認できます。
●M709EZ-200DAは表示器ユニットM709-4DPおよび、パソコンとの通信と同時にアナログ信号を出力します。
商品詳細はこちら


デジタル風速風温計/M709Y-10DAデジタル風速風温計/M709Y-10DA
●M709Y-10DAは1チャンネル、M709Y-40DAは最大4チャンネルの風速と風温を同時に測定表示します。
●M709Y-40DAは、各チャンネルごとに風速風温プローブの種類と風速範囲の指定ができます。このため測定場所や、測定条件の異なる個所にも応じた計測ができます。
●M709Y-10DAとM709Y-40DAは持ち運びに便利なように取手ハンドルがついています。またこの取手ハンドルはビスを外すことにより簡単に取り外せますので、付属品のラックマウント金具を使い、パネルに取付けることもできます。
商品詳細はこちら


アナログ風速風温変換機/M709TR-Nシリーズアナログ風速風温変換機/M709TR-Nシリーズ
●本器からは、風速0~30m/sに対してDC1.0~9.5V、風温0~50℃に対してDC0.8~9.0Vのノンリニア電圧をそれぞれ出力します。(プローブ異常時は0Vまたは10Vを出力)
●測定対象の風速範囲に応じて、0~5m/s,0~10m/s,0~30m/sの3つのレンジから最適な1つのレンジを指定できます。
●出力電圧は、付属されている「風速出力データ表」中に記載の係数と、「取扱説明書」に記載の風速・風温換算式を用いて、簡単に風速に変換できます。
●M709TR-NはDC±15V電源を用いることによりどこでも手軽に計測ができます。
(オプションで電源ユニットM709ON-15Vを用意しております。)
●M709T-160Nは16チャンネルを1ユニットにまとめて各チャンネルごとに風速・風温検出データをノンリニア電圧で出力できます。
商品詳細はこちら